天理の整体院なら本田整体院 ! どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

腰痛予防対策           健康と笑顔をお届けする天理の整体院

        【動】からくる身体の不調① 

            足(脚) 編

                 

                            健康と笑顔をお届けする口コミ・評判・人気の天理市の整体院
                                           
 ご予約・お問い合わせは天理市の整体院


■ 昨今、足指の機能の大切さがクローズアップされていますね。
    足指(とくに親指)を使わないで浮かせて歩くと、身体の土台である足の骨
    (足関節)から上へ上へとねじれが生じます。
                                                                      
                                                                           天理市の整体院 : 本田整体院  
    その結果、画像に示すA,B
の外方へ力が加わり、膝関節股関節
  負荷がかかって、O脚になったり関節を痛めたり、しびれの原因になって
  しまいます。

                                         

    では、なぜ足指の機能低下が起きるのでしょうか?
  ・・・・・・・・・
  それは
    足指が使えない履物
足指を使わない履き方にある
    のです。

  今日の日本の靴は軟らかいものが人気で主流になっています。
    むしろ、それが履き心地の良さの売りになっているのではないでしょうか。

    昔のフォーマル・シューズは、靴ベラがなければ履けないようなものが多かった
  のですが、近年は手軽に脱ぎ履きできるものも多くでまわっています。
    ご年配の方がよく履かれる靴もまた、軟らかくできているものが多いですね。

                                              
                                                   健康と笑顔をお届けする天理市の整体院 

  「皆さんは、ヒモ靴を
                     
                                   どのようにして履きますか?」


                                                                                 
  いつもヒモを結びっぱなしで、すぐに脱ぎ履きできるように緩く結んでいませんか?
  踵(かかと)を踏んづけてスリッパのようにして履く人もまれに見かけます。(>_<)

    ●つっかけ
  ●
長靴
  ●
学校で履く軟らかい上履き
  ●
サイズの合っていない大きめの靴・・・
    それらはみな、足指が使えない履物です。  ➠ 
    ●スリッパと同様に
  足指(とくに親指)を履物の天井にひっかけて歩きます(左下画像)

   
そして足指を使わない履き方とは、先ほど述べたように、
  ・ヒモ靴のヒモを緩く結んですぐに脱ぎ履きできるような履き方をしたり、 ➠ 
  ・靴の踵(かかと)を踏んづけて歩くような履き方を指します。
 ➠ 

                          


    足指が使えない、右上の画像のように足の指は小指へと斜めに短くなっていますから、
  歩行時に体重が足の踵((かかと)の外側(小指側)に大きくかかります。
    そうすると、足の骨(足関節)から上へ上へとねじれが生じ、
  最初に述べたように、画像に示すA,Bの外方へ力が加わります。
    そういった方の靴の裏底を見ると、
     踵(かかと)の外側がよくすり減っていますね。

    ご自分の靴をいま一度、目で確かめてみてください。 
    外国人に比べて日本人にO脚が多いのも頷けるでしょう・・

                     
                                           健康と笑顔をお届けする口コミ・評判・人気の天理の整体院

  足は左右均等に使っているわけではありませんから、その状態
が長くつづくと
  さらに骨盤から背骨から上へとねじれて負荷がかかっていきます

    腰椎椎間板ヘルニアは、椎骨と椎骨の間にあるクッションの役目をもつ椎間板が
  圧し潰されて、中にある髄核が飛び出した病態をいいます。
  椎間板は、上下前後左右の圧には比較的強いのですが、ねじれの力には弱い性質
  があります。
  椎間板に小さな亀裂があったり、弱って内圧が低いときにねじれの力が加わると
  上に乗っている椎骨が倒れ込んで発症します。
  ですから、背骨のゆがみはできるだけ起こさないようにしなければなりません。

                 


■ 治療家の中には、腰痛や膝の痛みなど
の原因を
    「腰椎(ようつい)の●番がゆがんでいるのが根本原因です」
    と言われる方がよくいますが、ある日突然に腰の骨がゆがむわけではありません。

    いまご説明したように、
    身体のゆがみの多くは、足や手の末端からスタートします。
    腰椎(ようつい)がゆがむのはその結果です。
  日常において慢性的にそのような状態が続くと痛めてしまいます。

  
末端から整えれば、骨盤も背骨も頭蓋骨も整います。

                                                
                                                    健康と笑顔をお届けする天理市の整体院

 
言い換えれば、 足指をしっかり使うこと
    それが原因の膝の痛み股関節の痛み腰の痛み
    防ぐことができるのです。

       その他、緊張や負荷のかかる場所・かかり方によって、
         魚の目・外反母趾・こむら返り・静脈瘤・尿漏れ・痔・不妊症・婦人科系疾患・内臓疾患
        
などの発症の原因になります。

       女性特有の疾患や、近年問題になっている不妊症などの原因にこの身体の使い方
       からくる【動】の問題があります。
           それはどういうことかと言いますと、多くの場合共通していることは、
           下腹部(子宮や卵巣)周辺が緊張して硬くなっているという点です
           不妊症にもいろんなケースがありますが、硬く緊張している場所によって

               卵巣から排卵がうまくいかなかったり、
             ② 受精卵が卵管でブロックされたり、
             ③ 子宮に到達しても着床できなかったりします。
                                          
  (※ 不妊症の原因はこの他にもあります。)

       その原因に手や足の使い方からくる【動】の問題が潜んでいることがあるのです。
           硬いベッドだと赤ちゃんが嫌がるんですね。
                                                                             

                                   ご予約・お問い合わせは天理市の整体院


    ********************************
 

  足指が使える靴の正しい履き方は、
 足の踵(かかと)と甲を靴でしっかりと固定させて履くことです !!

    
   ヒモ靴のヒモはけっして飾りではありません。
      
しっかりとヒモを結んで足に靴を固定させることで、

      (a) 歩行時に足指に力が入って
  
 (b) うしろに蹴りだすとき、体重がしっかり親指にのります。

      すると画像のA,Bとは逆の内方に脚が閉まってスラリと伸びます !

    昨今、外国からの観光客が多く見られますね。
      彼らをよくよく観察してみてください。(@_@)
      とくに西洋人は靴文化の民族ですから、そもそも靴に対する考え方や履き方の習慣

      私たち日本人と違っています。(※今はそうでもない!?)
      
靴ヒモを結びなおすシーンに出くわすかもしれませんよ。(^^)

                  


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡

    余談になりますが、
    ハイヒールを履く日本の女性は、踵(かかと)に体重を
    乗せて歩いている人が多いですねぇ~    ( ˘ω˘ )
  膝が伸び切らずに
曲げてひょこひょこ歩いている人が
    多いのには驚きます  (゜.゜)!
    これも足指が使えていないからですね。
  ふだんからそういった靴を履くためでしょうか・・
    海外では見られない光景です。
                             
                                           健康と笑顔をお届けする口コミ・評判・人気の天理市の整体院

  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡


  

    またヒモのない靴は、
   踵(かかと)と側面のしっかりとしたサイズの合った靴で、
      体重移動がスムーズにできるものを選んでください。

      (詳しくはご来院いただければご説明します。)

    当院にご来院される方々で、
    足からくる膝痛や股関節痛、腰痛などの症状をお持ちの方には
    正しい靴の履き方・選び方をお教えしています。

                                             

    日本人が昔履いた足半(あしなか)や、ぞうりわらじ下駄といった履物は、
    指マタで鼻緒を挟んで歩きますが、それによって自然と足指に力が入って
  踏ん張ることができました。 ➠ 
  玄関先で脱ぎ履きする
日本の生活様式には適していたんですね。

  日本人は靴文化を取り入れましたが、正しい靴の履き方をいまだにマスターして
  いません。

                                          
  

               《*クリックすると元に戻ります*》

                                 健康と笑顔をお届けする天理市の整体院

                     症例について   

                       

 

                        ご予約・お問い合わせは天理市の整体院

                                               口コミ・評判・人気の天理の整体院                                                         

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成