天理の整体院なら本田整体院 ! どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

肩こり予防対策          健康と笑顔をお届けする天理の整体院

              【動】からくる身体の不調②

                                 手(腕) 編

            

                           健康と笑顔をお届けする口コミ・評判・人気の天理市の整体院
                                            ご予約・お問い合わせは天理市の整体院

 ■ 手首から肘(ひじ)にかけての前腕は、二本の骨からできています。
     この骨を橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)といいます。

                                       
                                                    口コミ・評判・人気の天理市の整体院

     この二本の骨は、手首と肘(ひじ)のじん帯でつながっていますが、
     骨の間には前腕骨間膜(ぜんわんこっかんまく)と呼ばれるじん帯様の結合組織が
     あります。

 

     手首は人体の構造上、伸展の反らす力に弱くできています。

   ●手首を酷使したり、
        ( スポーツや特殊な作業に限らず、家事などの日常生活においても同様です。 )
   ●手を突いて前腕に強い衝撃を受けたり、
    (
転倒・事故など ) 
   ●
手の指を使い過ぎると
       
( パソコンなど )
                                            

     前腕骨間膜前腕のじん帯および手のひらのじん帯は負荷に耐えきれず緩みます。
     そしてさらに負荷が大きいと、
     骨の膜である骨膜(こつまく)にまでズレが生じます。

             

                                           健康と笑顔をお届けする口コミ・評判・人気の天理の整体院

                                    

     この結合組織の異常(=緩み)は、軽度のものであれば
     そのまま安静にしていれば元に戻りますが、
     負荷が大き過ぎると自力で元に戻ることができません。
     (生まれつきの緩いじん帯や、
         ストレッチによって関節の可動域を徐々に拡げる場合と異なります。)

                      
 
     では身体はどうやって元に戻すかというと、交感神経が働いて
     これ以上負荷がかからないように緩んだじん帯や骨間膜などの
    
異常な(=緩んだ)結合組織に関連する筋肉を緊張させるのです。
    
   前腕骨間膜やじん帯が緩むと画像に示すように、
     橈骨(とうこつ)がAの外方へとに開きます。

     しかし、腕の筋肉は縦方向もしくは斜めについています。
     横に伸びた筋肉は存在しません。
     前腕の筋肉がいくら頑張っても、
     に開いた骨を元に戻すには
効率が悪いわけです。
     ですから、もっと多くの筋肉に頼ろうとします。

      よって二の腕の筋肉(上腕筋)や肩の筋肉、首の筋肉、胸の筋肉、背中の筋肉へと
         波及して行き、
それが肩や首のこり・背中の張りにつながります
         首の後ろの筋肉が緊張すれば、後頭部がズキズキしたり、
   首の横の筋肉の緊張は、側頭部の頭痛を引き起こします。
         その他、三叉神経に影響が及ぶと歯の痛みや目のトラブル
   の原因にもなります。  
     
      そしてさらに、お腹や腰、お尻、膝、足へと筋緊張(筋膜の異常)
         進んでいきます。

                                             

     骨格のゆがみの多くは手や足の末端から始まる」と書きましたが、
   このように手(腕)の骨格のゆがみから、
    頚椎(けいつい)・胸椎(きょうつい)・腰椎(ようつい)の背骨
      
頭蓋骨・骨盤をゆがめたり、
      肋骨鎖骨肩甲骨の位置にも影響を及ぼします。

                                               
                                                 健康と笑顔をお届けする天理市の整体院

    緊張や負荷のかかる場所・かかり方によって、
         肩こり・首こり・耳鳴り・頭痛・顎関節症・顔のゆがみ・背中の張り
             ・肋間神経痛・帯状疱疹・内臓疾患・腰痛
等々、多岐にわたって発症
             の原因になります。


     ですから、
  
前腕骨間の開きが原因の肩こり首こり背中の張りは、
 
この  開いた二本の骨を元に戻せば
                                       楽に解消できます。

                                                 

     昔の日本人は、経験の上からこれを防ぐ知恵を持っていました。
     過酷な労働から身を守るために、
腕に包帯状の布をぐるぐるに巻いて二本の骨が
   開かないようにして作業をしたそうです。
     テレビ
の時代劇で見たことありませんか?  ・・農民、忍者、侍の長旅や戦のシーンetc.
                                
                  天理市の整体院 : 本田整体院                                    口コミ・評判・人気の天理市の整体院

     以前、図書館で昭和の風景写真を見る機会がありましたが、
   昭和30年代の中頃
までは、地方に行くと
   地下足袋(じかたび)を履いて、手甲(てっこう)・脚絆(きゃはん)をした農家の方が
     おられたようです。昔の日本人の知恵はすばらしいですね。
  
      ㊟1. 肩甲骨のズレがある場合は、元に戻す必要があります
                ご自分でされるなら・・
              【肩甲骨が外にズレている場合】
                ● 両手を後ろに組んで、胸を開いて肩甲骨を背中の中央に寄せるように
                  ストレッチをします。
 

         【肩甲骨が下にズレている場合】
                ● 肘(ひじ)を頭の後ろにもっていきワキを伸ばすようにストレッチをする
                      とよいでしょう。縮んだ体幹を伸ばすイメージで行ってください。


      ㊟2. ガチガチの肩こりの場合、筋肉を包む筋膜に癒着がありますから、
            当院の施術を受けてください。

                           
                                          
                                                      健康と笑顔をお届けする口コミ・評判・人気の天理市の整体院
                                           
 ご予約・お問い合わせは天理市の整体院



 
■  また膝から足首にかけても
     前腕と同様に脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)の二本の骨がありますが、
     ここにも二本の骨が開かないように布を巻いたのです。
     昔の兵隊さんのゲートルがそうですね。
     それがなければ重いリュックを背負って連日、何十キロも行進することは
     困難だったはずです。

     "こむら返り"が起こる原因の一つにこの二本の骨の開きがあります
       元に戻そうと交感神経が働いて、関連する筋肉を緊張させるのです
   施術経験から骨間の開きが元に戻ればこむら返りは起こりません。  

     ( 脚の二本の骨がなぜ開くかは、【動】からくる身体の不調①
     ご参照ください。)

                         

                                            健康と笑顔をお届けする口コミ・評判・人気の天理の整体院  

  
     時代とともにだいぶ様変わりしたようですが、
     手(腕)には手甲(てっこう)、脚には脚絆(きゃはん)が今も残っていますね。
     ( 現在市販されている物は、形だけで機能や目的が異なります。)
 

     私も仕事をするときは、
     手首と肘にサポーターを巻いて前腕骨間が開かないように保護して
     います。
 
   身体の疲労が激しい方は、
     日中お仕事をされる時も寝ている時も、
     ギプス感覚で前腕骨間が開かないようにサポートしてみてはいかがでしょうか。

     夜寝る時も!?と思われるかもしれませんね・・

   身体は寝ている間にも修復しますから、
    筋膜・じん帯などの結合組織に異常(=緩み)があれば、交感神経が働いて
         筋肉が緊張します
       そのために寝つけなかったり、寝起きに身体のあちこちが痛むといったことが
       起きるのです。( ※不眠になる原因の一つです。)
                                                                              
      肉体疲労は
、医学的には筋肉の疲労物質である乳酸が溜まるのが原因の
  ように言われますが、
  そうであるなら、時間の経過とともに乳酸は分解・回収されて、
      疲労は 早々に回復するはずです。
  実際はそうではないですね・・
  (※もっとも、近年の学者の研究では
    乳酸が筋肉疲労物質であるという説は誤りであると発表されています。)

    皆さんも、身体は疲れているのに目が冴えて寝つけないって経験ありますよね。 (^^)


      当院では、エネルギー骨間の開きに対処した上で、
      日常生活のアドバイスとしてサポーターをおススメしています。
      ( サポーターは、なるべく伸縮性のないものをご使用ください。
      就寝時の強い締め付けは、血行不良の原因になりますのでご注意ください。)

        サポーターの購入をご希望される方におススメ !  
               ➟  
ダイヤ工業株式会社

        手首と肘のサポーターに手のひらサポーターを加えるとさらに効果的です。
                                                 
                                               
 
                                    

                     
 

                          《*クリックすると元に戻ります*》

                                  健康と笑顔をお届けする天理市の整体院

                     症例について
                   

 

                    ご予約・お問い合わせは天理市の整体院

                                               口コミ・評判・人気の天理の整体院

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成