肩の凝りや痛みは肩だけを診てもなかなか治りません。肩が凝ったり痛みが出るのは結果だからです。当院では、その凝りや痛みがどこからくるのか全身を一繋がりに診て行きます。【息・食・動・想・環・他】の6つの視点で診ることで、肉体レベルを超越した施術をします。

 

 
 
 
 
 

本田整体院の肩こり・肩、肘、腕の痛み治療

肩こり・肩、肘、腕の痛み予防対策 口コミ・評判の天理市の整体 | 天理 整体

              【動】からくる身体の不調②

                                 手(腕) 編

            手と腕の骨格模型の画像

                 
 
                                          矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                     頭痛、肩こり解消、首こり、肘の痛み、腕の痛みで口コミ・評判・人気の天理市の整体
                             0743-65-4664


 

肩こり・上肢の痛みはなぜ起きる? 

         - 体の動きからみたメカニズム -


   まず初めに、簡単な解剖と生理をみてみましょう。
   少しお付き合いください。
   手首から肘(ひじ)にかけての前腕は二本の骨からできています。
      この骨を橈骨(とうこつ)尺骨(しゃっこつ)といいます。

                                        橈骨と尺骨の画像
                                            


     
二本の骨は、手首と肘(ひじ)靭帯でつながっていますが、
      骨
間には前腕骨間膜(ぜんわんこっかんまく)と呼ばれる靭帯様の
      結合組織があります。これをおさえておいてください。

                           前腕の骨格画像


     チェックのアイコン手首は人体の構造上、伸展の反らす力に弱くできています。


                         伸展と屈曲の画像

  手首を酷使したり、
        ( 矢印のアイコン スポーツや特殊な作業に限らず、家事などの日常生活においても同様です。 )


                               手を酷使している人の画像

  手を突いて前腕に強い衝撃を受けたり、
    (
矢印のアイコン 転倒・事故など )
                              転倒している人の画像 
  
手の指を使い過ぎると
        ( 矢印のアイコン パソコンなど )
                                            パソコンで指を使い過ぎて痛めている人の画像
                                                                                       

   チェックのアイコン手首と肘(ひじ)
靭帯前腕骨間膜および手のひらの靭帯

         負荷に耐えきれず緩みます
         そしてさらに負荷が大きいと
         骨の膜である骨膜(こつまく)にまでズレが生じます


           手のひらの靭帯解剖の画像                         

      この結合組織の異常(=緩み)は、軽度のものであれば
      そのまま安静にしていれば元に戻りますが、
      負荷が大き過ぎると自力で元に戻ることができません。

      ( 生まれつきの緩い靭帯や、
             ストレッチによって関節の可動域を徐々に拡げる場合と異なります。)


                      首を横に振る人の画像
  

      では体はこの緩んだ靭帯などの結合組織をどのようにして
  
元に戻すかというと、
  交感神経を働かせて、
  これ以上負荷がかからないように

      矢印のアイコン
異常な(=緩んだ)結合組織に
                  関連する筋肉を緊張させる のです。
    

 

    手首や肘(ひじ)の靭帯と前腕骨間が緩むと、冒頭の画像に示すように、
      橈骨(とうこつ)Aの外方へとに開きます。

                                              手と腕の骨格模型の画像

      しかし、腕の筋肉は縦方向もしくは斜めについています。
      横に伸びた筋肉は存在しません。

                                                      腕の筋肉解剖図の画像

      前腕の筋肉がいくら頑張っても、
      に開いた骨を元に戻すには
効率が悪いわけです。
      よって、もっと多くの筋肉に頼ろうとします。


 

     矢印のアイコン  やがて二の腕の筋肉(上腕筋)や肩の筋肉、首の筋肉、胸の筋肉、
          背中の筋肉へと筋緊張が波及して行き、
         
それが肩や首のこり・背中の張りにつながります

    これが手首、腕、肘、肩、首などの筋緊張や、
    それに伴って骨格の歪みが生じる生体メカニズムです。

        全身筋肉解剖図の画像
               

                                                                          

          ・首の後ろの筋肉が緊張すれば、後頭部がズキズキしたり、
    ・首の横の筋肉の緊張は、側頭部の頭痛を引き起こします。
    また寝違えたりするのも同じ理由です。

                   首から上の解剖図の画像

  
        ・その他、頭蓋骨が歪んで三叉神経に影響が及ぶと
     歯の痛みや眼精疲労、鼻のトラブルの原因にもなります。
  

                                   三叉神経の解剖図の画像
          

     

       矢印のアイコン そしてさらに、お腹や腰、お尻、脚、膝へと筋緊張 ( 矢印のアイコン筋膜の異常 )
          進んでいきます。

 

 

                       矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                       頭痛、肩こり解消、首こり、肘の痛み、腕の痛みで口コミ・評判・人気の天理市の整体
                                0743-65-4664


 

 

                                              手の図

      矢印のアイコン骨格の歪みの多くは手や足の末端から始まると書きましたが、
    このように手(腕)の骨格の歪みから、

    ボタンのアイコン 頚椎(けいつい)・胸椎(きょうつい)・腰椎(ようつい)の背骨
      ボタンのアイコン 
頭蓋骨・骨盤を歪めたり、
      ボタンのアイコン 
肋骨鎖骨肩甲骨の位置にも影響を及ぼします。

 


                                              全身骨格図の画像
                                      

   チェックのアイコン緊張や負荷のかかる場所・かかり方によって、
    肩こり・首こり・手首の痛み・肘の痛み・腕の痛み・耳鳴り
    ・頭痛・顎関節症・歯痛・顔の歪み・背中の張り・肋間神経痛
        ・帯状疱疹(ヘルペス)・内臓疾患・腰痛
等々、
    多岐にわたって発症の原因になります。

    
    

    ですから、

   
矢印のアイコン前腕骨間の開きが原因の肩こり首こり背中の張りは、
   
この チェックのアイコン 開いた二本の前腕の骨を元に戻せば
                                            楽に解消できます。注目


                                            泣いて喜ぶ女性の画像     

      昔の日本人は、経験の上からこれを防ぐ知恵を持っていました。
      過酷な労働から身を守るために、
     
腕や脚に包帯状の布をぐるぐる巻いて
      二本の骨が開かないようにして作業をしたそうです。

      テレビ
の時代劇で見たことありませんか? 
      ・・農民、忍者、飛脚、篭(かご)屋、人足(にんそく) etc.


     手甲をする腕の画像    脚絆をする脚の画像                  
                                                     

     
以前、図書館で昭和の風景写真を見る機会がありましたが、
    昭和30年代の初め頃
までは、地方に行くと
    地下足袋(じかたび)を履いて、手甲(てっこう)脚絆(きゃはん)をした
      農家の方がおられたようです。

      昔の日本人の知恵はすばらしいですね。

    これをこのまま捨て置くにはもったいないです !

    肩こり、首のこりなどの症状を解消・改善する方法として
    ぜひ活用しましょう。 

  この他タスキやハチマキにも意味があります。
  
( 詳しくは当院にて )

  
 


  
    ㊟1. 肩甲骨のズレがある場合は、元に戻す必要があります
                ご自分でされるなら・・
               【肩甲骨が外にズレている場合】
                 ● 両手を後ろに組んで、胸を開いて肩甲骨を背中の中央に寄せるように
                   ストレッチをします。
 

          【肩甲骨が下にズレている場合】
                 ● 肘(ひじ)を頭の後ろにもっていきワキを伸ばすようにストレッチをする
                       とよいでしょう。縮んだ体幹を伸ばすイメージで行ってください。


  
      ㊟2.
ガチガチの肩こりの場合、筋肉を包む筋膜に癒着がありますから、
                当院の施術を受けてください。


                   伸びをする女性の画像        親指を立てる女性の画像
                                          

 

 

                                           矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                      頭痛、肩こり解消、首こり、肘の痛み、腕の痛みで口コミ・評判・人気の天理市の整体
                              0743-65-4664




 

 肩こり・上肢の痛みを予防するには・・


  膝下から足首までの下腿(かたい)
      前腕と同様に脛骨(けいこつ)腓骨(ひこつ)の二本の骨がありますが、
      昔の人は、ここにも二本の骨が開かないように布を巻いたのです。

      上の脚絆(きゃはん)の画像もそうですが、兵隊さんのゲートルがそうですね。
      それがなければ重いリュックを背負って
      連日、何十キロも行進することは困難だったでしょう。


                                           ゲートルをする脚の画像
                                         

 


      矢印のアイコン "こむら返り" が起こる原因の一つにこの二本の骨の開きがあります
        元に戻そうと交感神経が働いて、関連する筋肉を緊張させるのです
    臨床経験から骨間の開きが元に戻ればこむら返りは起こりません。  

          ( 脚の二本の骨がなぜ開くかは、矢印のアイコン【動】からくる身体の不調①
          ご参照ください。)

   


                         ゲートルの巻き方の画像

       

  
      時代とともにだいぶ様変わりしたようですが、
      腕には
矢印のアイコン手甲(てっこう)、脚には 矢印のアイコン脚絆(きゃはん) が今も残っていますね。

      ( 現在市販されている物は、形だけで機能や目的が異なります。)
 

      私も仕事をするときは、
      手首と肘にサポーターを巻いて前腕骨間が開かないように保護
して
      います。

                                    
                                手首と肘にサポーターをする腕の画像 
                        

 

    体の疲労が激しい方は、
      日中お仕事をされる時も寝ている時も、
      ギプス感覚で前腕骨間が開かないように
  サポートしてみてはいかがでしょうか。

      夜寝る時も!? と思われるかもしれませんね・・


    体は寝ている間にも修復しますから、
    矢印のアイコン 
筋膜・靭帯などの結合組織に異常(=緩み)があれば
          
解消されるまで昼夜問わず交感神経が働いて筋肉を緊張させます
        そのために寝つけなかったり、
          寝起きに体のあちこちが痛むといったことが起きるんです。
         
( 不眠になる原因の一つです。)

  布団や枕の寝具を指摘される方もいますが、
  それは二次的なものだと私は思っています。

                                                                  不眠の人の画像

 

  ちまたには「肩こり」になると、
  ヨガや体操・マッサージ(器)・ツボ押しなど
  いろいろと対処法はあります。

  磁気ネックレスなんてのもありますね。
  入浴も一つの方法です。

  整形外科を受診された方なら、

  湿布や薬(漢方薬)をもらったかもしれません。
  痛み止めの注射もあります。

  肩こりの
症状がひどいときには、
  頭痛や吐き気、めまいに歯茎の腫れや痛みを訴える人もいます。

  そんなときには、バファリンやロキソニンを
  飲んだかもしれませんね。

  しかしどれも対症療法ですから、
  その場は解消されたとしても根本的な予防にはならないんです。

 

  「猫背姿勢」や「ストレス」・「内臓」からくる肩こりもありますが、
  ここでは省略します。


                                                                              


      
肉体疲労は、医学的には筋肉の疲労物質である乳酸が溜まるのが原因の
  ように言われますが、
  そうであるなら、時間の経過とともに乳酸は分解・回収されて、
      疲労は 早々に回復するはずです。
  実際はそうではないですね・・

  ( ※ もっとも、近年の学者の研究では
       乳酸が筋肉疲労物質であるという説は誤りであると発表されています。)

   

     皆さんも、体は疲れているのに目が冴えて寝つけないって経験ありますよね。 (^^)


 
       当院では、エネルギー骨間の開きに対処した上で、
       日常生活のアドバイスとしてサポーターをおススメしています。


       ( ビックリマークのアイコン サポーターは、なるべく伸縮性のないものをご使用ください。
            就寝時の強い締め付けは、血行不良の原因になりますのでご注意ください。)


        ビックリマークのアイコン 
【情報1サポーターの購入をご希望される方におススメ !  
               ➟ 
矢印のアイコン 
ダイヤ工業株式会社


        ビックリマークのアイコン 【情報2】手首と肘のサポーターに【手のひらサポーター】を加えると
                           さらに効果的です。
                                                 
                                               矢印のアイコン詳しくはこちら
 
                                                                                                    
       手甲と手のひらサポーターをする人の画像

                          《*クリックすると元に戻ります*》

                     

                     症例について
                   詳細はこちら

  

治し方 


  当院では、手から順次整えていきます。

 

 

                      矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                       頭痛、肩こり解消、首こり、肘の痛み、腕の痛みで口コミ・評判・人気の天理市の整体
                               0743-65-4664

                                                 口コミ・評判・人気の天理市の整体
                                                                                                                                   0743-65-4664

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成