天理の整体なら本田整体院 !  どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

天理の整体 | 腰椎すべり症

 

(奈良県 天理の整体 : 本田整体院)
画像提供 : 人体画像館
矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
頭痛、肩こり、自律神経失調症、腰痛、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理の整体院
      ☎   0743-65-4664

 

天理の整体院 : 本田整体院にご来院いただいている皆さまの【 症 例 】です。

症例 : 腰椎すべり症
クリックで画像表示
症例 : 腰椎すべり症

橿原市在住のYさん、50代後半の女性です。腰椎すべり症でご来院になりました。
腰椎(ようつい)の一番下の骨[L5]が前方にすべっているようです。
幸いにシビレは無く、腰痛だけのようでした。

数年前から患っておられるようですが、直近では2カ月前に一度発症し、整形で鎮痛剤と湿布薬をもらってしばらく様子をみているうちに痛みも治まったようです。

それから1カ月後に再発。この時も整形で同じような対処療法でなんとか治まったようですが、今回は通いの整形が混んでいたので予約が取れず、当院に来られたようです。

痛みは治まっているようですが、一度メンテナンスをしてほしいという依頼でした。

整形での治療は対処療法ですから根本的な解決にはなりません。なぜこのようになるのかを説明しながらの施術となりました。

Yさんの足を診ると外反母趾です。
外反母趾とは一見何の関係もないように思うかもしれませんが、実は大いに関係があります。

なぜ外反母趾になるのかを言えば、足指が使えない履物や履き方にあるのです。

詳しくは省きますが、足指を使えずに浮かせて歩くと、体重が小指側にかかります。すると足関節から上へうえへとねじれが生じるのです。

そのために太ももの内側の筋肉が緊張状態にありました。その緊張が上にも波及して、腸腰筋を緊張させて、お腹側から腰椎[L5]を前方に引っ張るのです。

腰椎すべり症は比較的中高年の女性に多いそうです。
変形性腰椎症からすべり症に移行する方が多いらしいのですが、それに加えて足指の機能低下もその一因ではないかと考えています。

お腹から腸腰筋を診ると、やはり過緊張がありました。
 

さらにその緊張の原因を詳しく掘り下げてみると、私が診る《息・食・動・想・環・その他》のうち、【想】の問題もありました。

実はYさんには、高齢の認知症のお母さんがおられます。遠方にお住まいですが、おでかけして2週間に一度はご姉妹と交代で介護されているそうです。かな心労も積み重なっておられるようでした。

そのために精神的ストレスから腹部が緊張していましたので、腰椎すべり症を発症させる要因の一つになっていたようです。

当院ではストレスのマイナス因子を取り除くことができますから、合わせて施術をしました。

施術が終わるころにはお腹も柔らかくなり、脚の内側の緊張も腸腰筋の緊張も取れ、腰椎[L5]にかかる負担は無くなりました。

後はふだん履く履物やそのき方の注意事項をアドバイスして本日は終了です。

 

 

                                                                                                                                   口コミ・評判・人気の天理の整体院
                                                                                                                                  0743-65-4664

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成