天理の整体院なら本田整体院 ! どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

尿漏れ・尿失禁について            健康と笑顔をお届けする天理市の整体院

年齢を重ねてくると誰もが直面するのが "尿漏れ・尿失禁" です。
  とくに尿道が短い女性には切実な問題です。
  また、産後に骨盤の不具合から起きることもあります。

  頻尿や尿失禁になる医学的要因は様々ですが、
  内科や婦人科ではわかりにくい尿のトラブルに3つの原因があります。

  骨盤底筋群や骨盤底を構成するじん帯や隔膜(かくまく)の緩み
  脳や脊髄(せきずい)などの機能低下
 
膀胱(ぼうこう)の粘膜の弱さ

                                                                    健康と笑顔をお届けする腰痛、肩こりで口コミ・評判・人気の天理市の整体院

  などが挙げられます。

           
                                   健康と笑顔をお届けする腰痛、肩こりで口コミ・評判・人気の天理市の整体院

                    
                                              健康と笑顔をお届けする腰痛、肩こりで口コミ・評判・人気の天理市の整体院

 
  上の画像をご覧ください。
 
いちばん多い原因が、骨盤底筋群(膀胱・尿道・子宮・直腸などを支える
  骨盤の底にある筋肉群)や
  骨盤底を構成するじん帯隔膜(尿生殖隔膜・骨盤隔膜)の緩みです。

  膣(ちつ)全体は、尿道をハンモックのように支えています。
  この
膣ハンモックは、骨盤の中心にある橋のようなもので、
  橋の前後は恥骨尿道じん帯仙骨子宮じん帯という2つのロープで
  吊られています。

  この橋の下には、前上方に引っ張る骨盤底筋群と
  下方に引っ張る骨盤底筋群、さらに後方に引っ張る骨盤底筋群の
  3つの筋肉グループが存在していますが、
  これらが協調して膣ハンモックのバランスをとることによって、
  正常な排尿や排便が行われます。

 

 

 

女性に起こりやすい骨盤底筋の弱まり

  この橋のような構造物・膣ハンモックがしっかりしているときは、
  尿や便のトラブルはなく、下腹部痛も起こりませんが、
  いったんどこかが壊れると、その場所特有の症状が出てくると
  されています。

  ●この膣ハンモック周辺の壊れる部分を前方領域、中央領域、後方領域
   に分けます。そのどこが壊れても頻尿と尿意切迫感という
   過活動膀胱症状が現れます。

  ●さらに、前側の恥骨尿道じん帯や尿道の下の膣の前壁組織に異常があると
   過活動膀胱症状に加えて、尿失禁や便失禁の症状が出ると考えられています。 

  ●咳やくしゃみをすると尿が漏れる腹圧性尿失禁は、膣ハンモック
   恥骨尿道じん帯の不具合で起こるとされています。

  ●中央の膣の前壁に問題が起こると、排便困難が出現し、
   後方の仙骨子宮じん帯や膣の後壁の欠陥では、夜間頻尿や下腹部痛が
   起こると考えられています。

  この考え方は、インテグラル理論(統合理論)と呼ばれ、現在の女性泌尿器科学
  の主要な考え方の一つです。

 

  当院では、エネルギーによってこれらのじん帯隔膜を強化し、
  膣ハンモックの働きを正常にします

 

 

 

第2の原因は、脳や脊髄の機能低下です。
  このうち、脳卒中とか脳梗塞、脳出血などの明らかな脳血管疾患をはじめ、
  脊髄損傷や脊髄疾患による神経障害を除いた高齢の方の頻尿は、
  加齢による視床下部(ししょうかぶ)・下垂体系(かすいたいけい)の機能低下
  が原因
と考えられます。

                                                                    健康と笑顔をお届けする腰痛、肩こりで口コミ・評判・人気の天理市の整体院

        
             健康と笑顔をお届けする腰痛、肩こりで口コミ・評判・人気の天理市の整体院


  視床下部下垂体は、脳の真ん中にあるホルモン系の調節をする中枢です。
  機能低下の症状としては、
  ・性機能障害
  ・性的意欲の低下
  ・体温調節障害
  ・摂食摂水行動の異常
  がよく知られていますが、さらに交感神経を刺激することによって
  自律神経系も調節しています。
  この
交感神経の働きにより、尿を溜めて漏れるのを防いでいます。

  つまり、おもに排尿をコントロールする中枢は、
  脊髄と脳幹の橋(きょう)という場所にあり、副交感神経が調節しています。
  この機能は明らかな神経の病気のときに障害されますが、
  この経路に明らかな傷害がなくても
高齢にになると、視床下部・下垂体系の
  老化によって、交感神経系の調節がうまくいかなくなり、
  畜尿機能の問題(頻尿)を生じている人が多いと考えられます。




 
当院では、エネルギーで視床下部・下垂体系をリセットして
  元の正常な状態に戻します。

 

 

 

第3の原因は、膀胱の粘膜上皮の弱さです。
  もともと膀胱の粘膜上皮が弱い人や何らかの原因によって

  弱くなってしまった人がいます。
  膀胱の粘膜上皮が弱くなると、

  膀胱内に細菌ウイルスが侵入免疫によって炎症が起こる
  小さな炎症が頻繁に起こる炎症がないときでも頻尿や尿意切迫感が出る

  といった状態になります。

 

  当院では、エネルギーによって膀胱の粘膜を強化します。

 

 

  以上3点は、局所的なアプローチです。
  なぜこの骨盤底のじん帯や隔膜が緩むのか!?  には触れていませんが、
  これらの異常がみられる人のほとんどに、内ももの内転筋群に異常がみられ
  さらに、この内転筋群に緊張がみられる方には足裏の足底筋や腱などにも
  異常
があります。
  とくに、足の親指側の腱に異常があります。

                                          
                口コミ・評判・人気の天理市の整体院

           
                
            ご予約・お問い合わせは天理市の整体院

                                                                口コミ・評判・人気の天理の整体院

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成