天理の整体院なら本田整体院 ! どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

子育てお母さんの「腕と手首の痛み」について

小さいお子様を育児中のお母さんは、休む間もないほど大変だと思います。
  ・育児だけでなく、
  ・家事
  ・仕事にも
  お忙しくされている方は
大勢いらっしゃいますね。

  最近は育メンパパも少なからずいらっしゃいますが、
  まだまだその数は少ないのが現実でしょう。

  そんなお母さん方からよく聞かれることは、
  「子供を抱っこばっかりしてるから手首が痛くって・・
    腕が痛いんです !

  って言葉です。

                                                                  

  なぜそのようなことが起こるのでしょうか?

  下の画像にあるように手首から肘(ひじ)の前腕には、
  橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)の二本の骨があります。

             
                
口コミ・評判・人気の天理市の整体院


  手首は人体の構造上、伸展の反らす力に弱くできています。

    手首を酷使したり、
        ( スポーツや特殊な作業に限らず、家事などの日常生活においても同様です。 )
  ●手を突いて前腕に強い衝撃を受けたり、
    (
転倒・事故など ) 
  ●
手の指を使い過ぎると
       
( パソコンなど )

  前腕を支えるじん帯や二本の骨の間にある骨間膜、および手のひらのじん帯
  負荷に耐えきれず緩みます。
  そしてさらに負荷が大きいと、
  骨の膜である骨膜(こつまく)にまでズレが生じます。

  詳しい説明は【肩こり・肩、肘、腕の痛み予防対策】に書きましたが、
  お子様を抱っこして手で支えると手首に大きな負荷がかかることは同じことです。

 

  その結果、
  ・手首の関節がズレて腱鞘炎を起こしたり、
  ・前腕の骨間が開くことで筋肉が必要以上に緊張し、痛みを出してしまいます。

  ですから、これを防ぐには手首と肘にサポーターをして前腕の骨間が
  開かないようにすること
が最善の策といえます。
    (  手の平用サポーターもするとベストです。)
 

                          
                 健康と笑顔をお届けする口コミ・評判・人気の天理市の整体院


  当院では、エネルギー骨間の開きに対処した上で、
  日常生活のアドバイスとしてサポーターをおススメしています。
    ( サポーターは、なるべく伸縮性のないものをご使用ください。
    就寝時の強い締め付けは、血行不良の原因になりますのでご注意ください。)

    手の平用サポーターについては、  をクリック !

 

             ご予約・お問い合わせは天理市の整体院

                                                                口コミ・評判・人気の天理の整体院

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成