顔の歪み、顎関節症は頭部だけの問題ではありません。 体の歪みは最終的に頭部にひずみとなって現れるからです。 当院では、全身を整えながら顔の歪みを治します。 完全予約制/当日予約可/駐車スペース有り/延長料金なし/相談無料

 

 
 
 
 
 

本田整体院の顔の歪み・顎関節症治療

顔の歪み・顎関節症について     口コミ・評判・人気の天理市の整体 | 天理 整体

体の歪みと顎関節症について当院の診方のご説明です。

顔の歪みはなぜ起こる?



  顔の歪みについて相談されることがあります。

  顔の左右差は、
  体の日常的な動作や姿勢の影響によって引き起こされますが、
    


 "体( 頭部 )の歪みは手や足の末端から始まる" というのが当院の診方です。

                手足の歪みから頭部に影響を及ぼす全身骨格図画像
                 


   


                                矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                                
顔の歪み矯正、顎関節症治療、左右バランス改善で口コミ・評判・人気の天理市の整体
                                            0743-65-4664 

 

 
  体幹(たいかん)の歪みは最終的に頭部にひずみとなって現れますが

  チェックのアイコン
顔の歪み(左右差)は "首" の歪みから起こります。

  "右利き" の場合
  頭を左にかしげる人が多くなり、下顎が左にズレるため
  顔は "右が長く左が短い" 人が大半を占めています。
    

  顔が長い側のおもなチェックポイントは、短い方に比べて

  ・眉が弓状で
  ・目が大きく
  ・口の口角が上がり高い

  ことなどがあげられます。    眉、目、口角の特徴を表した顔の画像

 
  "利き顎(あご)"は、物を噛む咀嚼筋(そしゃくきん)には
  強さが必要なことから
  引っ張り感のある顔の長い方に現れやすく、
  右側で噛む人が多くなります。


  よく "片方で噛む癖があるから顔(体)が歪む"
  言われる人がいますが、

  チェックのアイコン
"下顎にズレがあるから片噛みの噛み癖がつく"

  と私は診ています。
 

  また治療家の中には、
  "噛み合わせから全身に影響を及ぼす"
    指摘される方もいますが、

  私は、

  チェックのアイコン手足からの影響が頭部にひずみとなって現れ、
   "噛み合わせの悪い状態を放置していると
   Uターンして他の場所に影響
を及ぼす"

  と考えています。  

 


 

"顔"の歪み、顎(あご)の変位はどうしたら矯正できる !?

 

  チェックのアイコンいつも顔の長い側に首を曲げて( 多くの人は、右に側屈 )、
    ゆっくりと持続してリセットします

  そして、そのままの姿勢でできる限り大きく口を開けたり、
  強く噛みしめたりする動作をゆっくりと持続的に行うと
  左右の筋力のバランスがとれていきます。


  顔の左右差が明らかな人の場合は、
  このリセットを行うことにより、
  左右差のある咀嚼筋(そしゃくきん)の緊張がとれて
  口の開閉が楽になります。


  You Tube では、
  他院の先生が「割り箸」を使った顔の歪み矯正法を配信されています。
  これも理屈は同じことで、左右の筋力バランスをとる方法です。
  興味がある方はご覧になってみて下さい。
 「割り箸 顔の歪み」で検索すれば、いろいろ出てきます。

  たしか、「
割り箸を奥歯で軽く噛みしめ、
  割り箸が下がっている方の目でウインクを10回する」、
  というやり方だったと思います。
  これを朝・昼・晩の3回繰り返します。
  口角や目の高さがそろう矯正方法のようです。

       割り箸をくわえた女性の画像


  ただし、どちらも癖付けが必要な矯正法ですから時間がかかります。
  また、根本的な原因をそのままにしておいては、
  治ったとしても、いずれ元に戻るかもしれませんね

  対症療法の一つです。

 


 

  最近はスマホの普及により、常に下を向いて歩いている
  "歩きスマホ" をする方をよく見かけます。

  そういった人の中には、

  チェックのアイコンスマホを使うようになってから口が開かない 


  という方が増えているそうです。


  これは首の筋肉( 矢印のアイコン胸鎖乳突筋きょうさにゅうとつきん )
  緊張によるものですが、腕を上方に伸ばして
  チェックのアイコン"(わき)を嗅ぐような体勢"
  おおよそこの筋肉のストレッチができます。

  この胸鎖乳突筋が十分に伸びると口が開けやすくなります。

             胸鎖乳突筋の画像
                                 


 

  また、歯の治療を受けるとよく噛み合わせがおかしくなるのは、
  治療が下手で起こるのではありません。

  顔の真ん中と下顎の真ん中の合わない人が圧倒的に多いことから、
  歯の治療や矯正では、歯医者さんは噛み合わせの調整に苦労が多いのです。

  中には、力が強過ぎて顔面骨が歪む場合もありますが・・
  私もそれによって顔が歪んでしまった経験があります。


  まずは
整体で体を整えてから歯科治療することをおススメします。

 



                       矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                       顔の歪み矯正、顎関節症治療、左右バランス改善で口コミ・評判・人気の天理市の整体
                                0743-65-4664


 


顎関節症について


  ちまたの治療本を見ますと、
 「顎関節症は頚椎の1、2番のズレが原因です」とか、
 「肝臓と頭と顎、歯の関係性」を指摘するものまであります。

  しかし、私はそのようなマニュアル化した体の診方には
  疑問を感じています。

  確かにそれで治る人もいるかもしれませんが、
 「感染症予防のワクチン接種」のように
  あらゆる人に適用する汎用型(はんようがた)の治療法は
  それほど多くないと思っています。

  大なり小なり微調整が必要になります。

 

  同じ病症であっても
  体に現れる病態は人によって異なります。
  ですから整体師には触診技術が求められるのです。

  施術法が一本化されたマニュアルほど
    私には "統計的な診方" にみえてきます。


  大筋にはなりますが、
  あたかもそれですべてが解消してしまうかのように
  書かれた治療本には抵抗を感じますし、
  また
罪深いものだと思っています。


  実際、顎関節症の患者さんを触診しますと・・
  腕からの影響が大きく、
  首周りの筋肉の緊張咬筋(こうきん)の緊張
  側頭筋(そくとうきん)の緊張頚椎の異常
  頭蓋骨の歪み顎関節の靭帯の異常肋骨間
  肩関節の靭帯などにも異常があります。

          上半身の骨格の画像

   

  人によっては、足関節の異常から上に上って
  顎関節に影響を及ぼしている方もいますし、
  施術箇所として腹部(肝臓)に反応が出る人もいます。

 

  ですから、治療・施術に当たっては 
  チェックのアイコン"全身を診る" 必要があります。


  口腔外科でマウスピースを作ってもらっても
  治らない人がたくさんいますね。

                                       顎関節の構造を示した画像

 

 

治し方 


  当院では、全身を調整して顔の歪み・顎関節症を
  治していきます。 

          
                      症例について

                        詳細はこちら
                     

 


            矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                                顔の歪み矯正、顎関節症治療、左右バランス改善で口コミ・評判・人気の天理市の整体
                              0743-65-4664

                                                                 口コミ・評判・人気の天理市の整体
                                                                                                                                 0743-65-4664

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成