天理市の頭痛専門整体院です。どこに行っても治らない頭痛には、教科書に載らない理由があります。病院に行っても原因不明で治らない方は、頭痛専門の本田整体院へお越しください。完全予約制/当日予約可/駐車スペース有り/延長料金なし/相談無料

 

 
 
 
 
 

本田整体院の頭痛治療

頭痛について          口コミ・評判・人気の天理市の整体 | 天理 整体

頭痛について当院の診方のご説明です。

頭痛について



  一般的に "頭痛持ち" と言われる方は、
  日本全国に約3,000万人いると言われています。
 
( 日本頭痛学会調べ )
 
  そのうち、偏頭痛(片頭痛)で薬を飲まないとどうにもならない人が
  約840万人います。
すごい数ですね !
 
  頭痛の人は、
  めまい・吐き気(嘔吐)・耳鳴りなども同時に発生させていますので、
  その苦しみを持って生きている人が日本中にとても多いのです。
 
  その中でひどい人は、
  うつ病や不眠症などの自律神経失調の病気になり
  薬漬けのストレス生活を送っています。


  それではまず、頭痛の種類を見てみましょう。


 

頭痛の種類と症状

 


  頭痛は大きくわけて、第一次頭痛 第二次頭痛 があります。

  矢印のアイコン 第一次頭痛は、3大頭痛と呼ばれます。

   ・緊張型頭痛
        
頭痛持ちの80%は、この緊張型頭痛だと言われます。
    肩が凝って頭痛がするという「肩こり頭痛」もこのタイプです。
    首・肩が精神的ストレスや事務作業などの肉体的ストレスが原因で、
    猫背姿勢から筋肉がパンパンに張ってきて頭痛がしてくるのです。
    ヘルメットをかぶったような
    頭の重みや頭を締め付けられたような痛みがします。
    後頭部やおでこに痛みが出る方もいます。


     ・偏頭痛
         
頭痛持ちの20%のタイプです。
    偏頭痛(片頭痛)は、"頭の片側" または "こめかみ" に
          ズキズキした痛みが心臓の拍動とともに走る症状です。
          女性に多く発症し、日本に約840万人いると言われています。

    特徴的な随伴(ずいはん)症状として

    目の奥に痛みを訴える。
      *においに反応する。
    *閃輝暗点(せんきあんてん)」といい、はじめは視野の中に
     チカチカ光る小さな点があらわれ、
             次第に大きくなっていきます。
      *光過敏で光を見ると頭痛になるタイプの人もいます。
     また、
    *音過敏になり、普段は気にならない音が気になる場合が
             多くあります。
       

    1週間のうち2~3日おこり、時期が過ぎると急に楽になったり
    します。
    
   
   ・群発頭痛  
    男性に多い頭痛のタイプで、
    頭痛持ちの約3~5%がかかるとても珍しい頭痛です。
    2~3年に一回、一ヶ月ぐらい頭をカナヅチで叩かれたような
    激痛に襲われます。
    しかし、その一ヶ月が過ぎると
          今までの痛みがウソだったかのように消えます。
          また2~3年たつと悪夢がやってきます。
 
 

  

  矢印のアイコン 第二次頭痛は、脳の中の病気が原因となり起こる頭痛で、
    脳腫瘍脳梗塞クモ膜下出血などの脳出血による血管障害
があります。 
    通常一般的に、この場合は病院で受診することになります。

   

   当院の対象になるのは、
  第一次頭痛の3大頭痛です。

  この頭痛患者さんたちは、
  どのように頭痛を治す治療をしていると思いますか?

  頭痛外来で医師の診察、病院の検査を受けますか?

  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・

  そうです !  薬のアイコンです。
  漢方薬を含め、頭痛薬がいっぱい売れています。
  バファリン、イブ、ロキソニン・・・

  でも治らないのです。

 

  薬が効かずに悩んで、やっとの思いで当院にたどり着いて
  頭痛から卒業していきます。



  頭痛の原因
を「自律神経」や「ホルモン分泌」のアンバランスと
  位置づけている治療本も見かけますが、
  残念ながら、なぜアンバランスになるのかの追究が不十分で
  "机上" の域を出ません。


  単に自律神経ホルモン分泌を正常にしても、
  結局は対症療法に終わってしまいます。

  根本的なところを抑えないと
  「頭痛になったら、またご来院ください 」
  のお得意さんになるだけです。
 


  私も整体師になる遥か昔の若い頃は "頭痛持ち" でした。
  頭が痛くなるたびに薬を飲んでは
  半日臥せっていることが多かったんです。
  頭痛の種類でいえば、偏頭痛ですね。

    頭痛で寝込んでいる人の画像

    枕を替えたり、いろんなサプリを飲んでみたり、
  頭痛に効くツボを押してみたりといろいろ試してみましたが、
  結局は薬に頼っていました。

  頭痛で病院に行くって発想がありませんでしたから、
  誰にも相談できずに苦しんでいましたね。

  今はまったくないのが不思議なくらいです。
  当時を思い起こせば、「あんなことで頭痛になるなんて」 って
  改めて驚きます。

  自律神経!?    ホルモン!?  気圧のせい!?

    いやいや、そんな二次的なことではありませんでした。
  教科書には載っていません。
  かつて師に教えていただいて初めて解ったことです。 
 
( 原因はこのページには記載していません。
         整体の範疇を超えますので、直接ご来院ください。)



  しかし、まだ 「整体で頭痛が治る」という認識は、
  世の中にほとんどないのが現状です。


 

                       矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                       緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛の頭痛治療・改善で口コミ・評判・人気の天理市の整体
                                0743-65-4664
 



 

 

  頭痛はなぜ起こる?【頭痛のメカニズム】

 

   頭痛を起こす原因はさまざまですが、当院で代表的なものを4つ取り上げましたので
   みてみましょう。


1.頭蓋骨の歪み

  脳疾患などの重篤(じゅうとく)な病気を除いて、当院の整体から診た頭痛は

  チェックのアイコン「手の靭帯の緩み」や「前腕骨間の開き」から
       筋緊張が波及し、頭蓋骨縫合
(とうがいこつほうごう)まで影響が
         拡大して起こっている

    場合が多く診られます。
    詳しくは 矢印のアイコン 肩こり・肩、肘、腕の痛み予防対策 をご覧ください。 
 
                
                                            全身骨格の画像
                                                

  

   チェックのアイコン筋膜・靭帯・腱・骨膜などの結合組織に "緩み" が出ますと、
      関連する筋肉が交感神経の作用を受けて緊張します。

  ピンのアイコン 骨は勝手に歪むわけでなく、
  ピンのアイコン 
筋肉も必要性があって緊張します。

  すなわち、頭蓋骨に付着する筋肉が緊張状態になって
  頭蓋骨の縫合部(ほうごうぶ)に緩みが出ているケースが多く見受けられます。
  (矢印のアイコン 希に締まり過ぎの状態になっていることもあります。)


                
       頭蓋骨の縫合の画像
               

 

 


2.上部頚椎(けいつい)の歪み

  頚椎の歪みが大後頭神経などを圧迫する場合、後頭部に神経痛がでます。
  ちまたには、
  " 偏頭痛は頚椎(けいつい)2番のズレが原因だ " というマニュアル本
    もありますが、なぜ頚椎にズレが生じるのかには言及されていません。
 「さらにその先は・・」の追究がなければ再発を繰り返すでしょう。

    よく診られるケースでは、
    チェックのアイコン「手の靭帯の緩み」や「前腕骨間の開き」から筋緊張が波及し、
      頚椎(けいつい)2番のズレを引き起こしている


  場合が多いようです。
              頭蓋骨の画像

  


 

  3.猫背姿勢

  
昨今はパソコンなどのデスクワークが多いですが、
  一日中椅子に座ったままの状態でいる人が大勢いらっしゃいます。
  そういう方は姿勢も慢性的に悪くなりがちです。

  このような環境下の体は、猫背で巻き肩になり
 
 肩甲骨の間がパンパンに張っています。

                       正常な人と巻き肩の人を示した画像


  肩甲間部が膨張すると、肩から上が充血していきます。
  肩甲骨と肋骨の間に指が入らないほどパンパンに張ると、
  頭部や呼吸器に痛みや炎症が起きます。
  そして、風邪や頭痛、鼻炎や眼痛などが起きやすくなります。

  こういう場合は、

  チェックのアイコン
胸を開いて肩甲間部を緩めれば、
        おのずと肩から上の充血は引きます。
 
 

【やり方】
  ① 座布団を1枚ご用意ください。
 ② 仰向けに寝ます。
 ③ 座布団を二つ折りにして、みぞおちの真裏の背中に
   横向きに入れます。
 ④ 胸が開いた状態で、両腕を横に広げます。

 このまま約15分寝ます。
 腰に痛みを感じるようであれば、膝を立てても結構です。
 慣れてくれば徐々に時間を延ばしても良いでしょう。
 【注意事項】
 起き上がる時は勢いをつけていきなり起きずに、
 いったん横向きになってから起きてください。
 腰を痛める危険があります。
 

 

      猫背改善の臥位ポーズを示した画像      猫背改善の膝立て臥位ポーズを示した画像



  


4.硬膜(こうまく)の緊張

  私のたちの脳は硬膜(こうまく)という硬い膜と、脳と硬膜の間を流れる
  脳脊髄液(のうせきずいえき)によって守られています。
  そして硬膜は、背骨の中を通って仙骨(せんこつ)まで伸びています。

    チェックのアイコン 偏頭痛になる人は、頚椎部の硬膜の緊張から頭痛が起こります。 


       頭蓋骨の局部断面を示した画像
  
    硬膜の緊張による頭痛は、眉間・目の奥・こめかみ・後頭部・帽子を被った
  ときの縁のあたりにでます。




                  脳脊髄液の循環図を示した画像
            

           
  

  目の奥には蝶形骨(ちょうけいこつ)という骨があり、
  ここに硬膜(こうまく)が付着しています。

                



  そして硬膜は、頚椎(けいつい)
2番(C2)・3番(C3)の骨の椎体(ついたい)
  しっかりと前方だけ固定されています。

  チェックのアイコン
頚椎2番3番の関節が伸びた状態で硬くなると
    硬膜は後ろに引っ張られます。
     つまり、目の奥の蝶形骨の"硬膜付着部"が
     ひっぱられるため頭痛が起こります。

                 頭蓋骨と頚椎の模型の画像 

  

  目の奥がズキズキガンガンするような頭痛の場合、
  この硬膜のズレを治せばすぐに解消します。

 

 

       


 

                                                                             頭痛の人の画像

  以上、整体から診た主な頭痛の原因を挙げましたが、
  これらは別々の要因ということではありません。

  チェックのアイコン"体の歪みは手足の末端から始まる" というのが当院の診方です。

  手足の骨格の歪み [末端] ➟ 頭蓋骨・背骨・骨盤の歪み [中枢]

  の影響によって、
  1.頭蓋骨の歪みによる縫合の異常
  2.上部頚椎の歪みによる神経の圧迫
  3
猫背姿勢による頭部の充血

    4.上部頚椎の歪みによる硬膜の緊張

  が生じます。

  これが当院の【動】からみた頭痛のメカニズムです。

  女性の場合、月経がありますから、
  生理不順や閉経前後の更年期に伴って
頭痛が起きることがあります。

  また、雨の日に頭痛になる人がいますが、
  気圧との関係がよく言われていますね。
  そんな人でも触診で診れば、必ず上記の異常が確認できます。

 


治し方


  当院では、骨格・結合組織の調整によって頭痛に対処します。 

 

 

           矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                     緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛の頭痛治療・改善で口コミ・評判・人気の天理市の整体
                             0743-65-4664

                                 口コミ・評判・人気の天理市の整体
                                                                                                                                 0743-65-4664
 

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成