天理の整体院なら本田整体院 ! どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

オスグッドと剥離骨折について   健康と笑顔をお届けする天理市の整体院

オスグッド・シュラッター病とは、
  サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする 小・中・高校生に
  多く見られ、膝の脛骨粗面が出っ張って痛むという骨軟骨炎をいいます。

   
発症のメカニズムは、大腿四頭筋のけん引力が脛骨粗面に繰り返し
     かかることや、骨の成長に筋肉や腱の成長が追いつかないため、
     相対的に膝蓋(しつがい)じん帯を通して脛骨粗面にかかる力が大きくなること
     などによって、骨端軟骨が損傷して脛骨粗面が隆起してくるものと
     考えられています。


  脛骨粗面の隆起、突出が認められ、その部位を押さえると激痛を生じます。
 
走る、飛ぶ、蹴る、しゃがんで立つなどの動作中や動作後に
  脛骨粗面の痛みがあります。

  
           

  健康と笑顔をお届けするオスグッド、頭痛、肩こり、首のこり、めまい、自律神経失調症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院

 

オスグッド・シュラッター病が進行すると、
  膝蓋じん帯の脛骨粗面付着部が剥離(はくり)骨折を起こします。

  剥離(はくり)骨折とは、腱やじん帯付着部の骨が引っ張られることによる
  骨折を意味します。
  筋肉の多くは腱という、より筋張ったものに変わって
   
骨にくっつきます。

 
そして筋肉が縮むことによって、その両端にくっついている骨が
  近づくように動きます。
  これが筋肉が関節で骨を動かす仕組みです。

  つまり、
  
筋肉が縮むたびに、腱・じん帯が骨にくっついている部分は
    引っ張られるわけです。


  この力が急激に加わった場合に、
  腱やじん帯が骨にくっついている部分が剥(は)がれるように折れます。
  そのため、剥離(はくり)骨折と呼ばれます。
 

  成長期終了後、脛骨粗面前方に遊離小骨片ゆうりしょうこっぺんが残り、
    疼痛(とうつう)やスポーツ障害を生じることがあります。
  遺残性オスグッド・シュラッター病と呼ばれ、
  手術治療が必要となることがあります。

                                  
                                    健康と笑顔をお届けするオスグッドで口コミ・評判・人気の天理市の整体院

 

  当院では、骨膜・じん帯・腱・筋膜を調整して
  疼痛(とうつう)を緩和(かんわ)します。
  

  

              ご予約・お問い合わせは天理市の整体院

                                                                    口コミ・評判・人気の天理の整体院

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成