天理の整体院なら本田整体院 ! どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

眼瞼下垂について         健康と笑顔をお届けする天理市の整体院

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、
  瞼(まぶた)が垂れ下がって上がりづらくなる状態をいいます。
  眼瞼下垂の多くは、加齢コンタクトレンズが原因の
  腱膜性(けんまくせい)と呼ばれるものですが、

 
急に眼瞼下垂が起こったときには、脳動脈瘤重症筋無力症
    
原因のこともあり、注意が必要です。

  
  
    健康と笑顔をお届けする頭痛、肩こり、首のこり、めまい、自律神経失調症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院

                           ご予約・お問い合わせは天理市の整体院

 


原因は何か・・!?

  眼瞼下垂(がんけんかすい)は、
    ① まぶたを支えている筋肉の働きが低下した筋原性
     動眼神経の麻痺などによる神経原性 
     まぶたを支えている腱膜(けんまく)の伸展などによる腱膜性


  の3つに大別されます。

             健康と笑顔をお届けする頭痛、肩こり、首のこり、めまい、自律神経失調症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院

  眼瞼下垂の9割近くは腱膜性といわれ、
  加齢による場合は50歳過ぎから見られます。
  コンタクトレンズが原因の場合は若い人でも起こることがあります。

  眼瞼下垂では、まぶたが垂れるため見た目が悪くなるだけでなく、
  ひどい場合には瞳まで隠れるため、視野が狭くなり、
  下がったまぶたを上げようとするため、
  目が疲れやすくなります。

  腱膜性は徐々に進行しますが、
 
急に起こってきた場合には動脈瘤の圧迫による動眼神経麻痺
  あるいは重症筋無力症が原因の可能性もあります。

  また、眼瞼下垂と共に複視(物が二重に見える)を発症する
  こともあります。
  これは、眼球を動かす筋肉または神経が同時に異常を起こした
  場合に生じます。

  こうした症状に気づいたときは、眼科で診察を受ける必要が
  ありますが、
 
 当院では、動脈瘤の圧迫による動眼神経麻痺において
  対処いたします。

 

                                 症例について

                                
       健康と笑顔をお届けする頭痛、肩こり、首のこり、めまい、自律神経失調症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正
で口コミ・評判・人気の天理市の整体院

                                                          

                                            ご予約・お問い合わせは天理市の整体院

                                                                口コミ・評判・人気の天理の整体院

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成