天理の整体院なら本田整体院 ! どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

更年期障害と思春期障害について  健康と笑顔をお届けする天理市の整体院

生理学博士の吉野 丈夫 氏によりますと、
  更年期障害症状は、ほとんどが自律神経失調症と言えます。
  ただ、自律神経失調症は更年期障害が原因でなくとも起こります。

  更年期(閉経期)に自律神経が失調しやすい理由は、
  ホルモン分泌の変化に関連します。
  脳が卵胞(らんぽう)ホルモンを分泌するよう命令を下しても、
  卵胞からホルモンが分泌されない状態になった時が閉経です。

                             
                                   健康と笑顔をお届けする腰痛、肩こりで口コミ・評判・人気の天理市の整体院   

  この時に脳がパニックして、自律神経のコントロールが
  うまくできなくなってしまった状態、
  これが更年期障害と考えられます。


            
                                  健康と笑顔をお届けする腰痛、肩こりで口コミ・評判・人気の天理市の整体院


 
  脳は自律神経内分泌(ホルモン)の両方をコントロールする
  ことにより、身体の機能をコントロールしています。
  その片方の内分泌コントロールの異常が、
  もう一方の自律神経コントロールまで狂わせてしまっているのが、
  「脳のパニック」状態です。

                         健康と笑顔をお届けする腰痛、肩こりで口コミ・評判・人気の天理市の整体院



  更年期障害の多くは自律神経失調症ですが、
                   
ホルモン障害を起こすこともあります。


  よくある例では、
  ・"インスリン分泌過少" による糖尿病や、
  ・"甲状腺ホルモン分泌過剰" によるバセドウ病
  ・"甲状腺ホルモン分泌過少" による橋本病などです。

 


 

思春期障害は、症状としては更年期障害ほど辛くありません。
  更年期障害とは逆に、
   
性ホルモンが急に活発化することによるものです

  初潮があると、ホルモン分泌が活発化します。
  この時に心拍数が急に増えるなど、自律神経のバランスが
  乱れるのは珍しいことではありません。

  ただ、このようなタイミングで学校の健康診断があると、
  心電図検査の異常を指摘されてしまいます。
  そして、精密検査時に経験の浅い心臓専門医に当たって
  しまったりすると、心臓病を指摘されて、
  いきなり薬剤治療のリスクを負うことになりかねません。
  このようなケースは比較的よくありますので、
  思春期のお子さんがいらっしゃる方は要注意です。
    思春期障害は、一般的にはそれほど重症になることはありません。

                            健康と笑顔をお届けする腰痛、肩こりで口コミ・評判・人気の天理市の整体院

 

  当院では、エネルギー
  自律神経とホルモンのバランスを調整します。

 

            
          ご予約・お問い合わせは天理市の整体院

                                                                             口コミ・評判・人気の天理の整体院 

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成