天理の整体なら本田整体院 !  どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

本田整体院の食道裂孔ヘルニアと逆流性食道炎治療

食道裂孔ヘルニアと逆流性食道炎について     天理市の整体  

食道裂孔ヘルニアと逆流性食道炎について当院の診方のご説明です。

どんな病気か

 


 四角のアイコン 画像に示すように、
     食道が横隔膜(おうかくまく)を通る穴を
   食道裂孔(しょくどうれっこう)といいます。

   この穴を通って腹腔内にあるべき胃の一部が
   胸腔側へ脱出している状態を、
   食道裂孔ヘルニアといいます。
   横隔膜ヘルニアの約
80%を占めています。


   食道裂孔は食道が横隔膜を通る生理的な裂隙(れつげき)ですが、
   これが弛緩・拡大すると腹腔内臓器が胸腔内に脱出します。



               食道裂孔ヘルニアの画像                   


   種類には3型あります。


   (1) 滑脱型ヘルニア  
            腹腔内食道と胃の噴門部(ふんもんぶ)がともに脱出したもので、
      食道は2次的に短縮します。この型が最も多くあります。 


     (2) 傍食道型ヘルニア 
            食道の長さは正常ですが、胃の一部である胃底部(いていぶ)
      胸腔内に脱出したもので、左側に多くあります。


     (3) 混合型ヘルニア 
            横隔膜は正常ですが、先天的に食道が短いために
      胃の下降が不十分で、胃の一部が胸腔内にとどまったものです。

 

 

症状の現れ方



 
自覚症状としては、
       胸やけ
      胸部から上腹部の痛み
      つかえ感
  が三大症状で、これは"逆流性食道炎" の症状と同じです。

  そのほか食後の腹部膨満感吐き気嘔吐食欲不振貧血
  呼吸器障害などが起こることもあります。

 

  食道裂孔ヘルニアがあるだけで自覚症状がなければ、
  単にヘルニア状態にあるだけで問題となりません。
  自覚症状や逆流性食道炎を合併して初めて、“ヘルニア症”
  ともいうべき病態を呈します。

                                  食道裂孔ヘルニアと逆流性食道炎の関係を表した画像
       

  

治し方 

 
  当院では、エネルギーで裂孔ヘルニアを正常な位置に戻し、
 
横隔膜を修復します。

 



   
                     矢印のアイコンご予約・お問い合わせは天理市の整体院


                                                               0743-65-4664

                                       口コミ・評判・人気の天理市の整体
                                                                                                                                   0743-65-4664

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成