天理の整体なら本田整体院 !  どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

低体温について         口コミ・評判・人気の天理市整体院 | 天理 整体

低体温とは


  近年、低体温の人が増えています。

  体温は、1日のうちである程度変動しています。
  明け方がもっとも低く、その後はしだいに上昇して
  夕方にもっとも高くなり、夜間にかけて下がっていきます。

 

                   一日の体温変化を表したグラフの画像



  昼間は活動に伴って熱が産生され
  体温が高くなりますが、

  かりに活発に動いていなかったとしても
  一定の高さは維持されています。


  体温は私たちの健康を支える要となるものです。

 


  矢印のアイコンさまざまな生命活動を支えている 酵素(こうそ) が活発に働くには、

      四角のアイコン 体の深部37.2℃

      四角のアイコン 腋下(えきか)36.2 ~ 36.5℃

     くらいの体温が必要です。
     実際、健康な人の平熱はこの範囲にあります。


     一方、病気の人はおしなべて体温が低く、
     腋下(えきか)35℃台34℃台の人も珍しくありません。

   健康と笑顔をお届けする自律神経失調症、頭痛、肩こり、首のこり、猫背、めまい、不眠症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院

   体温が人体に及ぼす影響を示した図の画像

        健康と笑顔をお届けする自律神経失調症、頭痛、肩こり、首のこり、めまい、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院



 

原因は何か


 回転する矢印のアイコン 
交感神経の緊張が慢性化すると、アドレナリンの作用で
      血管が常にしばられた状態になり、全身で血流障害が起こります。
    また、チェックのアイコン体の一部分で血流障害を起こすこともあります

 


                交感神経が過度に緊張する
                     点滅する矢印のアイコン
                   血管収縮
                     点滅する矢印のアイコン
                 虚血による血流障害
                     点滅する矢印のアイコン
                     
低体温

   健康と笑顔をお届けする自律神経失調症、頭痛、肩こり、首のこり、猫背、めまい、不眠症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院

 

  一方、副交感神経は血管を拡張して血流を促す働きがあります。
  身体が温かいという感覚は、まさに副交感神経が優位で
    血流がよくなっている状態です。

  しかし、これも度が過ぎると病気の引き金になります。


  回転する矢印のアイコン 副交感神経が過度に働くと、
血管が開き過ぎて
     よどんで流れにくくなるうっ血」が生じます。


                              副交感神経が過度に優位になる
                                             点滅する矢印のアイコン
                                                 血管拡張
                                             点滅する矢印のアイコン
                                     うっ血による血流障害
                                             点滅する矢印のアイコン
                                                   低体温

   健康と笑顔をお届けする自律神経失調症、頭痛、肩こり、首のこり、猫背、めまい、不眠症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院

 

  発端は違っても血流障害には違いないので、
  体に与えるダメージは
  交感神経緊張状態で起こる血流障害と同様で、
  慢性化すると低体温になる点も同じです。

 

   自律神経のバランスを示した画像

     健康と笑顔をお届けする自律神経失調症、頭痛、肩こり、首のこり、めまい、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院

 


   ところで、
  血液は細胞組織に【酸素栄養】を供給し、
   【二酸化炭素老廃物】を血流に乗せて回収しています。

                                     血液の循環を示した画像


  組織に血液が行き渡らなくなれば、
  生命活動に必要な物資も調達されず、
  代謝機能が低下して、内臓の働きも悪くなります。


  内臓の働きが悪くなると
  さらに低体温になって免疫力が低下します。 

  つまり、

  チェックのアイコン自律神経のアンバランスこそが
    低体温を引き起こす元凶

  といえます。

 


  当院では、《息・食・動・想・環・その他》の6つの視点から
  アプローチすることによって自律神経のバランスを回復させます。

  チェックのアイコン骨格の歪みだけが自律神経に関係しているわけではありません。

  【息】呼吸
  【食】内臓・腸内環境
  【動】体の使い方・姿勢
  【想】想念
  【環】環境

  すべてが自律神経に作用します。


  ですから、

  チェックのアイコン患者さんご自身が
       これまでの生活を見直すことが大切です。

  無理をして働いていないか、夜更かしをしていないか、
  暴飲暴食はしてないか・・etc.


  当院は、皆さまのお体をリセットするお手伝いをいたします。


  さらに、

  チェックのアイコン頭部のうっ血が解消されるほどに
    白血球のバランスも整い
       自律神経のバランスに作用します

  自律神経はホルモン免疫と連携して体を守ります。 

 
           自律神経系とホルモン分泌系と免疫系の相関関係を示した図の画像   
 

  健康と笑顔をお届けする自律神経失調症、頭痛、肩こり、首のこり、猫背、めまい、不眠症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院

 

 

治し方 

  当院では、頭部のうっ血を解消し、
  自律神経とホルモンのアンバランスをリセットします。

 


                        矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                                           0743-65-4664

                                                                                                   口コミ・評判・人気の天理の整体院
                                                                                                                                   0743-65-4664

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成