天理の整体なら本田整体院 !  どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

天理の整体 | インフルエンザ後の体調不良

 

 

(奈良県 天理の整体 : 本田整体院)
矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
頭痛、肩こり、自律神経失調症、腰痛、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体
      ☎   0743-65-4664

 

天理の整体院 : 本田整体院にご来院いただいている皆さまの【 症 例 】です。

症例 : インフルエンザ後の体調不良
クリックで画像表示

症例 : インフルエンザ後の体調不良


天理市在住のUさん、40代前半の女性です。
本日はインフルエンザ罹患(りかん)後の体調不良でご来院になりました。
罹患する以前から扁桃腺の腫れ左首の痛み左顎関節から耳にかけての痛みがあったということですが、すでにインフルエンザの兆候が表れていたものと推察します。

さっそく全身を触診しながら施術を始めました。
Uさんがおっしゃるには、「もう熱もないし、インフルエンザは治りましたが咳がなかなか止まらなくて・・、体調も悪いです」ということでした。

これは治ったのではなく、薬で症状を抑えているにすぎません。
風邪やインフルエンザを治すには、免疫をあげなくてはなりませんが、多くの人は薬で治るものだと勘違いされています。

熱が上がるのは、身体の免疫細胞を活発にしてウイルスに対抗するためです。なのに熱が上がることが悪いものと勘違いされている方がほとんどです。

免疫を専門とする学者はそれに警鐘を鳴らしていますが、医療現場の医師たちが、いまだに解熱鎮痛剤抗生物質を使ってこれを抑えにかかるのです。
そして、熱が下がることで治ったとしています。

熱を薬で下げると身体は楽になりますが、ウイルスはさらに勢いづいて活発に活動し、いつまでも完治せずにくすぶってなかなか治らない状態が続くのです。

私の姪っこは小さい頃に風邪をこじらせて、髄膜炎になったことがありました。これも薬で熱を下げてしまったために免疫細胞が不活性になり、ウイルスが髄膜に侵入したことが原因です。

ですが、医師はそんなことは決して口外しません。
"熱が上がり過ぎると脳細胞が死んでしまう" なんていう都市伝説のようなものもありますが、決してそんなことはありません。

熱が上がり過ぎると"熱性けいれん"が起こって下がるように人体にはリミッターが備わっています。
水分補給に気をつけて食事を制限し、安静にしていれば免疫がしっかり働く仕組みになっています。(※ 免疫力が低下している人には免疫力を上げる治療が必要です。)

やがて免疫細胞がウイルスに勝てば、自然と熱は下がるのです。熱は上げて下がるのが早く治る秘訣です。

Uさんの身体を触診すると、左首のリンパの腫れがありましたが、頭部から首にかけてのうっ血を取り、しっかり免疫細胞が働けるようにしました。

また、気管支や腹部内臓のあちこちに免疫低下の反応が出ましたので、これも免疫が働くように回復しました。

後は、私がいつも飲んでいる免疫を上げるバドガシュタイン鉱石の水を飲んでもらうように、ペットボトルに入れてお渡ししました。

Uさんは「残りの薬はもう止めます」とおっしゃいましたので、あとは免疫力が働いて日に日に良くなっていくでしょう。

 

 

                                                                                                                                   口コミ・評判・人気の天理市の整体
                                                                                                                                   0743-65-4664

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成