天理の整体なら本田整体院 !  どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

子宮筋腫と子宮内膜症について  口コミ・評判・人気の天理市整体院 | 天理 整体

子宮筋腫と子宮内膜症が増えている !!


子宮筋腫はどんな病気か
 


  矢印子宮筋腫
は、主に子宮筋層内の平滑筋成分から発生し、
     女性ホルモン(エストロゲン)のはたらきによって
     発育する良性腫瘍(しゅよう)です。
      (    )子宮は平滑筋(へいかつきん)と呼ばれる筋肉で形成されています。
      (※ goo ヘルスケア より) 

     子宮とその周辺臓器の構造(解剖図)
 
   健康と笑顔をお届けする自律神経失調症、頭痛、肩こり、首のこり、猫背、めまい、不眠症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院
 
 

その原因と症状

 

     婦人科の腫瘍(しゅよう)のなかでは最も多い病気で、
         その発生頻度は30歳以上の女性で20〜30%と
     推測されています。


     さらに非常に小さな筋腫も含めると、過半数の女性にある
         と考えられています。 


         子宮筋腫ができる原因については不明な点が多いのですが、
     現在、次のような仮説が提唱されています。


    『未分化な子宮平滑筋細胞が、胎児期の分化の過程で
     いろいろな影響を受け、
     筋腫の芽になる細胞が子宮筋層内に発生し、
     思春期から増えてくる性ステロイドホルモンに反応して
     子宮筋腫に成長していく』


     という説です。
        一般人にとっては難しい説明ですが
 
     実際、
     チェック
初経が来る前には子宮筋腫はみられず
       また閉経後には筋腫の発生はなく
       すでにある筋腫も縮小します


      多くみられる症状としては、

     経血量の増加による鉄欠乏性貧血などが挙げられます。
     経血量が多い状態を放置してしまうと、
     ・
動悸息切れ
     ・立ちくらみなどの貧血症状が現れることがあります。
    
     また、ゆっくりと悪化する貧血の場合、症状が出にくいため、
           重篤な状態に至るまで発見されないこともあり、注意が必要とされます。  


     筋腫が巨大になり、骨盤内が筋腫で占められるようになると、
     ・神経を圧迫して腰痛を起こしたり、
     ・膀胱や尿管を圧迫して排尿障害水腎症を起こすことかあります。


     さらに、骨盤内の血管を圧迫して
     ・下肢に浮腫静脈瘤を来すこともあります。

     筋腫の状態によっては、
     ・不妊症流産早産の原因になることがあります。 


         ( ※ 「大全科 家庭の医学」より )

  健康と笑顔をお届けする自律神経失調症、頭痛、肩こり、首のこり、猫背、めまい、不眠症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院
 

 

                       矢印 ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                                0743-65-4664


 

 

子宮内膜症はどんな病気か  


  矢印子宮内膜症は、子宮内膜あるいはそれと似た組織が
     子宮内腔以外の部位に発生し、
     女性ホルモン(エストロゲン)の刺激を受けて増殖する疾患です。
     ( ※ 「大全科 家庭の医学」より )


                子宮内膜症の図

  健康と笑顔をお届けする自律神経失調症、頭痛、肩こり、首のこり、猫背、めまい、不眠症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院
 
 
 
その原因と症状
 

 

     子宮内膜症の大部分は骨盤内に発生し、その病変部は月経時に、
     子宮内膜と同じようにはがれて出血します。


     卵巣内で増殖すると、毎月、卵巣にチョコレート状になった
     古い血液がたまって大きくふくれ、
     いわゆるチョコレートのう胞(腫)を形成します。

     卵管周辺に癒着を起こすこともあります。


                               子宮周辺の解剖図


     子宮内膜症は生殖年齢にある女性の10〜15%に存在する
     といわれていますが、とくに最近増えています。


     一般に、子宮内膜症は徐々に進行するとされていますが、
     長年にわたって変化しない場合もあります。

     また、妊娠・分娩を契機に治ることもあります。

     閉経後は卵巣機能がなくなり低エストロゲン状態になるので、
     病巣は自然に萎縮し、症状もなくなります。


    子宮内膜症になる原因については諸説あるものの、
     不明とされています
  
    


        子宮内膜症の特徴は、

     下腹部に強い痛みが生じることです。
      この痛みは、月経時に子宮で産出されるプロスタグランジン
     子宮収縮作用や、内膜症組織が産生する炎症性物質によるものです。

     その他、
     ・おなか背中に強い痛みが起こったり、
     ・性交痛
     ・排便痛が起こったりすることがあります。

     人によっては
     ・下痢
     ・嘔吐
       ・発熱
       ・頭痛
     などが生じることもあります。


    
( ※ 「大全科 家庭の医学」より )


  子宮周辺の解剖図

   健康と笑顔をお届けする自律神経失調症、頭痛、肩こり、首のこり、猫背、めまい、不眠症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院

 


                                矢印 ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                                           0743-65-4664


 


 

  ほとんどの医学的解説書は一般人にはわかりにくいものです。
  それは、病気の原因についてほとんどが原因不明とされていますし、
  原因について述べられていても論理的に矛盾のある仮説ばかりだからです。

  子宮筋腫・子宮内膜症について、
  私は生理学博士の吉野丈夫 氏と医学博士の西原克成 氏の説を支持します。
 
( ※ 以下は吉野丈夫 氏と西原克成 氏の著書より )


  矢印 子宮筋腫について言えば、


 
『月経時には子宮内膜がはがれ落ちる、
  つまり、子宮内に傷ができる。
  次の月経までにその傷がきれいに修復されれば問題ないが、
  傷が治りきらないとその部分は委縮して固くなる。
  そして、次の月経が来てまた同じ場所が傷つく。
  この状態が毎月繰り返されて、
  傷の部分が固いできもののようになったのが子宮筋腫である。』

   健康と笑顔をお届けする自律神経失調症、頭痛、肩こり、首のこり、猫背、めまい、不眠症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院

  というものです。

  この考えの下に子宮筋腫を見直してみると、

 
月経が始まる以前の子どもには子宮筋腫がないこと、
  閉経以後の新たな子宮筋腫の発生がなく
  すでにできているものであっても縮小していくこと、

  また、

  チェック血流を促進させて自然治癒が働いた時には
   縮小や消失もあること


  などが、論理的矛盾なくきれいに説明できます。

 


  矢印 子宮内膜症について言えば、

    "実際にどのような時に子宮内膜症の診断がなされるのか" です。

  多くの場合、月経困難症、つまり生理痛がひどいというのが
  診断理由になっていると思います。

  このように単純化してみると、
  生理痛の鎮痛薬療法でますます生理痛がひどくなる
  という悪循環に陥っていることが容易に想像できます。

  つまり、月経困難症(生理痛)の悪化に拍車がかかった結果が、
  子宮内膜症の診断につながったと考えられます。


  そうであれば、根治への筋道もわかりやすいはずです。
  生理痛の対処と全く同じで良いのです。

  チェック
薬を止めて、積極的に体を温めるのです。

  子宮内膜症と診断された人も含め、生理痛の重い人は、
  総じて冷え性の人が多く、同時に子宮筋腫も発症しやすいと
  考えられます。

 

  また、医学博士の西原克成 氏によりますと、

  子宮内膜症はヒトが直立したことによる、体の構造欠陥から
  起こる病気だそうです。
 


 
『ヒトは直立二足歩行をすることで進化を遂げましたが、
  そのため内臓下垂や腎臓の遊走が起こりやすい構造になりました。


  そのうえ、直立して飛んだり、跳ねたり走ったりすれば
  その振動で子宮も動きます。


  その振動が刺激になって、子宮の内側にある子宮内膜がはがれ、
  腹腔(ふっくう)に散らばってしまいます。



  腹腔に散らばった子宮内膜は、

  チェック
腹腔内の血中に酸素が満ちていれば、
     白血球が古い細胞として消化してしまいます。


  このとき活躍するのが白血球HLAで、
  子宮内膜が古くなった細胞として
  見分けてくれるのです。


  ところが、HLAの活性が落ちていたり、酸素不足だと、子宮内膜が
  消化されずにガン細胞のように生き残ってしまい、
  そこでホルモンを分泌するので、腹腔内で内膜症が発症します。
  これが子宮内膜症が起こる原因なのです。』

   健康と笑顔をお届けする自律神経失調症、頭痛、肩こり、首のこり、猫背、めまい、不眠症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院

  と、説明されています。


  そのため、内膜症の克服には、
  ・白血球の消化力が高まるよう口呼吸をやめて鼻呼吸にすること
  ・十分な骨休め
  ・
腸を温めて、偏食のない栄養物の十分なる咀嚼(そしゃく)


  が必要である、と結論づけています。

  つけ加えて、白血球による免疫能は体を温める (=血流を良くする)
   
ことでも促進することができます。

  健康と笑顔をお届けする自律神経失調症、頭痛、肩こり、首のこり、猫背、めまい、不眠症、更年期障害、腰痛、ぎっくり腰、骨盤矯正で口コミ・評判・人気の天理市の整体院

 

                      症例について

              詳細はこちら 
                                    

 

治し方 

  当院では、ホルモン分泌・自律神経のバランスを整え、
  免疫力を活性化して血流アップを図ります。

 

                                                                                               

              矢印 ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                                            0743-65-4664 

                                                                                                  口コミ・評判・人気の天理の整体院
                                                                                                                                 0743-65-4664

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成