天理の整体なら本田整体院 !  どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

天理の整体 | 脊柱管狭窄症? 坐骨神経痛?

 


(奈良県 天理の整体 : 本田整体院)
矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
慢性の腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、膝の痛みで口コミ・評判・人気の天理市の整体
      ☎   0743-65-4664

 

天理の整体院 : 本田整体院にご来院いただいている皆さまの【 症 例 】です。

症例 : 脊柱管狭窄症? 坐骨神経痛?
クリックで画像表示

症例 : 脊柱管狭窄症? 坐骨神経痛?


宇陀郡曽爾村のYさん、70代前半の女性です。
本日は、左坐骨結節部の痛み左足裏全体のシビレを治してほしいとご来院になりました。

事の発端は昨年の9月(※約1年前)に腰痛になったことが始まりのようでした。
その時は病院を受診され、MRI検査で脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)が見つかったそうです。
腰椎の4番あたりの神経の通り道が狭くなっているのがシビレの原因だと指摘されたということでした。

その後の経過が芳しくなかったため、別の病院へ・・

そこでは、これは脊柱管狭窄症によるものではなく、坐骨神経痛によるシビレだと。 

その後も一向によくならず、当院へお越しになられたときには、お尻に湿布を数か所貼った状態でご来院になりました。
とくに腰を痛めるきっかけはなかったということです。


さて、触診をしながら施術をすすめると、確かに坐骨結節を触ると飛び上がるほどに痛みを感じるようです。
ここは、大腿(だいたい)後部にあるハムストリング筋をはじめとする筋肉が付着する箇所です。

坐骨神経痛というとよくあるのが、梨状筋(りじょうきん)などのお尻の筋肉の過緊張で、坐骨神経を圧迫するものです。

たいていの治療家は、
骨盤の歪みが原因ですとか、
腰椎の●番が歪んでいるのが原因です
と言われると思います。

今回、医師の診断においても、脊柱管狭窄症による腰椎部の異常や、坐骨神経痛を指摘されています。

しかし結論から言うと、そのどれも当てはまるものではありませんでした。
問題個所は、画像に示す足首の神経や血管の通り道にあります。
臀部(でんぶ)から出た坐骨神経は、やがて脛骨(けいこつ)神経と名を変えてふくらはぎを通り、足裏の足底神経に繋がります。

その際、神経は内くるぶしの下を通過します。
ここには屈筋支帯(くっきんしたい)が横切っており、トンネルの役目をしています。

Yさんの場合、この屈筋支帯をはじめとする周囲の結合組織の異常が原因でした。

つまり、筋膜・靭帯・腱・骨膜といった結合組織が伸びたりズレたりして、知覚神経を刺激したり、血管を圧迫することで足裏にシビレ感が出ていたのです
この部分の結合組織を修復することで足裏の感覚も正常に戻りました。

 

ではなぜこの部位に異常が起こったのかと言えば、ふだん履いている履き物に原因があります。
今日Yさんが履かれてきた靴をみると、やはり側面の柔らかい履き物でした。しかも側面の丈も短く、つっかけのような履物です。なぜそれがいけないのかは、矢印のアイコン腰痛・膝痛・股関節痛の予防対策をご覧ください。

それに加えてYさんには、遠い昔に足首を痛めた傷病歴がありました。


また、整体から診ると、カカトは骨盤と相対しています。
カカトに無理な負荷がかかると、坐骨にも同様に負荷がかかるのです。
長距離ランナーにお尻の坐骨結節部を痛める人が多いのも、カカトに無理な負荷がかかるためです。

Yさんの痛めた坐骨結節部も、同様に結合組織の異常をとることで痛みは半減しました。完全に痛みが取れるまでにはしばらくかかるでしょう。


最後に、正しい靴の履き方をアドバイスして本日は終了しました。

  

腰椎の圧迫骨折
クリックで画像表示

腰椎の圧迫骨折


前回の施術からちょうど2カ月が経ったころ、Yさんから電話がありました。
4~5日前よりまた痛みとシビレが出始めたようです。

今回は、左臀部(でんぶ)の梨状筋(りじょうきん)の痛み左ふくらはぎの痛み、そして前回同様に左足裏のシビレです。

不安になったYさんは、再び整形外科を受診したところ、
腰椎2番の圧迫骨折が見つかったそうです。

いつ起こったかは不明だそうで、医者が言うには、
「この痛みやシビレは圧迫骨折が原因ですよ、圧迫骨折によくある症状です」ということでした。
 

 

ここで画像をご覧ください。
この画像は圧迫骨折のMRIサンプル画像です。 

脊椎圧迫骨折の主な原因は、【骨粗しょう症】とされています。

骨粗しょう症は高齢者に多く見られる病気で、骨密度が低くなって骨折を起こしやすくなります。

骨がもろくなると、ちょっとした転倒でも背中への衝撃に耐えられず、脊椎がつぶれてしまう原因にもなるのです。

 

脊椎圧迫骨折の主な症状は、

・寝返りを打ったときや、起き上がったときに感じる背中の激しい痛み

・背中のほか、腰の部分に痛みが及ぶこともあります。

一方で、骨折をしても痛みを感じない患者さんもいます。

 

このMRIサンプル画像の場合、
腰椎の椎体(ついたい)や椎間板はつぶれていますが、脊髄神経を強く圧迫するほどには至っていません。

脊柱管(せきちゅうかん)の白く見える部分をよく神経だと誤解される治療家がいますが、これは髄液(ずいえき)と呼ばれる液体です。


ここで先ほどの医者の言葉によれば、
この脊髄神経の圧迫がYさんの足裏シビレやふくらはぎの痛みの原因ということですが、脊髄神経が圧迫されてでる症状は麻痺です。

その他、排尿障害性機能障害などが出る場合もあります。


チェックのアイコン仮に腰が痛む場合、それは周囲の筋肉の緊張が原因です

神経や血管は筋肉の中を通ったり、筋肉と筋肉の間を通っていますが、筋肉の緊張によって、神経や血管が圧しつぶされることで発症します。 


Yさんの場合、幸いにして腰痛は出ていませんので、今回は圧迫骨折とは直接関係ないでしょう。 
前回と同様に足首に原因がありました。


興味深いことに、足のある骨と骨の噛み合わせを矯正するだけで、左臀部(でんぶ)の梨状筋(りじょうきん)の緊張が取れたのです。
これは長年の施術経験で新しい発見でした。

 

ふくらはぎの痛みは脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)の間が開いてしまったことによるものです。
これも原因は足にあります。

つまり、履物や履物の履き方が悪いために起こります。

Yさんにお尋ねしたところ、前回のアドバイスをどうやら実行されていないようでした。

 

よく根本治療を売りにした治療広告をみかけますが、
患者さんの『気づき、学び、克服する努力』がなければ根本解決には至りません。


施術を終える頃には痛みもシビレも無くなりました。

Yさん、今度は頑張って改めてくださいね。

 

しかし、適当な医者が多いのは困りものです。
患者は一介の施術家より医者の言葉を信じるものですから、より罪深いものがあります。

 

 

                                                                                                                                   口コミ・評判・人気の天理市の整体
                                                                                                                                    0743-65-4664

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成