天理の整体なら本田整体院 !  どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

本田整体院の手足(脚)のふるえ治療

手足(脚)のふるえについて      口コミ・評判・人気の天理市の整体 | 天理 整体

手足(脚)のふるえについて当院の診方のご説明です。

原因は何か


  "手足(脚)のふるえ" でまず思い浮かぶのは
 『パーキンソン病』ではないでしょうか。

           パーキンソン病の特徴を示した画像


  はじめて耳にする方もおられると思いますので
  簡単にご説明しますと、

 【脳内で作られる神経伝達物質の ドーパミン( ドパミン )
  減少して起きる進行性の難病】
で、
  手足のふるえや動作が緩慢(かんまん)になるなどの症状が出ます。

  2017年・厚生労働省の調査発表では、
  全国に約16万人の患者がいるとされています。

                       脳内のドーパミン神経を表した画像

                                                                            
      パーキンソン病の4大徴候を示した画像

 

  病院では薬物治療が中心です。
  パーキンソン病と診断されて治療が必な場合、
  まず薬物治療が開始されます。

  薬物治療により、患者さんの多くはパーキンソン病の症状が
  一時的にかなりよくなります。 

  ただし、長期にわたる薬物治療は運動合併症を引き起こします。

 

      パーキンソン病患者の薬の服用を示した画像

 

  現代医療では、
  脳内の ドーパミン( ドパミン )が不足すると外から薬で補充するわけですが、

  ある治療家によりますと、
  チェックのアイコン"本物のパーキンソン病" である患者さんはごく一部だそうです。

  それはどういうことかと言いますと、
  実は、パーキンソン病と診断されているもののほとんどが
 『パーキンソン症候群』と呼ばれるもので、
    それは
「パーキンソン病に似ている症状ですよ」

  という病態を指しています。

                                                                         手が震えている人の画像 

  こういった患者さんがパーキンソン病の薬を服用し続けると、
  脳本来のドーパミンを出す力が弱まってしまい、
  薬でないとドーパミンがでない、本物のパーキンソン病に
  なってしまいます。

 

  本物のパーキンソン病の患者さんを触診してみますと、

  チェックのアイコン首の特定の筋肉が緊張して(けい)動脈の流れが悪くなり、
  頭部(中脳・黒質)の血行不良を起こしていることがわかります。

 


 


  その一方で、
  脳に
問題がない『パーキンソン症候群』に分類される人の体を診ますと、
  下画像に示す位置に筋肉の緊張がみられます。

  筋肉の緊張によって血管(静脈)が圧しつぶされ、
  それにより血管を通って老廃物が排出されにくくなります。


  これにみられる手足(脚)の
ふるえは、

  チェックのアイコン
筋肉の伸縮運動(ふるえ)によって、静脈の血流を良くしようとする
       体の生理反応と考えられます。


              筋肉の緊張によって静脈が圧迫される位置を示した人体画像


 

治し方

 
 
当院では、原因筋の緊張を取り除いて血流を正常に戻します。

 

 

 

            矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                      手足のふるえ、パーキンソン病、自律神経失調症で口コミ・評判・人気の天理市の整体
                              0743-65-4664

                                              口コミ・評判・人気の天理市の整体
                                                                                                                                  0743-65-4664

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成