天理の整体なら本田整体院 !  どこの整体院・治療院・整骨院・接骨院に行っても改善が見られない方、頭痛・腰痛・首、肩こり・膝痛・腕の痛み・股関節の痛みのある方、そのほか何でもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

本田整体院の腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症治療

腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症について   口コミの天理市の整体 | 天理 整体

腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症について当院の診方のご説明です。

どんな病気か


  まずはじめに、腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症がどのような病気か
  みてみましょう。


                                      狭窄症と椎間板ヘルニアの病態を表した骨格模型の画像


  腰痛や坐骨神経痛の中で、特に多い疾患が腰椎椎間板ヘルニアです。
  下の画像をご覧ください。  


    椎間板ヘルニアの病態を示した画像

 

  よく見かける画像ですね。

  正常な椎間板の場合、脊柱管(せきちゅうかん)と呼ばれる骨の中を通る
  神経[脊髄(せきずい)]は、
自由に動くことができます。
  体の曲げ伸ばしによって、神経は障害なく脊柱管内を痛みもなく
  スムーズに滑ることができます。



                   脊柱管の様子を示した骨格画像

 


  一方で、背骨の骨と骨の間にあるクッションの役目をする椎間板が
  圧しつぶされてしまいますと、

  椎体(ついたい)の後方にある脊柱管を通る神経[脊髄(せきずい)]は、
  変性した椎間板と髄核(ずいかく)圧迫されて上下に動くことが
  
できなくなってしまいます。

  このような病態を椎間板ヘルニアといいます。

  ヘルニアとは、
  体内の臓器が、あるべき部位から逸脱(いつだつ)した状態のことを指します。
  椎間板が正常な位置から逸脱しているから椎間板ヘルニアなんですね。


                    椎間板のしくみを表した画像


       

  その結果、この動きにくい神経に圧力が加わると、
  脚の麻痺排尿障害性機能障害など
 
を引き起こすこともあります。

 

 


 

  次に、脊柱管狭窄症をみてみましょう。
  下の画像をご覧ください。


    脊柱管狭窄症の病態を示した画像

 

  脊柱管狭窄症とは、
  神経が納まっている脊柱管(せきちゅうかん)の一部が、
 
椎間板の突出靭帯の骨化などが原因で通常よりも狭くなり、
  神経や血管が圧迫されることから生じる病気です。

  一見すると椎間板ヘルニアと似ていますね。(^。^)y-.。o○
  ( ※ 下の画像はサンプルです。)


腰部脊柱管狭窄のMRI画像



  加齢に伴う変化として発症することが多く、
  長く歩くと足が疲れ休み休みでないと歩けない、
  足がしびれるなどといった症状が現れます。
  

  神経や血管への圧迫が原因となって発症するため、
  少しでも圧迫を解除できるような
  チェックのアイコン
前傾姿勢をとると症状が和らぐ傾向にあります。


  一定の距離を歩くと足にしびれや痛みが生じ、
  休む(しゃがむ・座るなど)ことで再び歩けるようになります。
  これを間欠跛行(かんけつはこう)といいます。


  間欠跛行の分類を示した画像

 

 

 

原因は何か


  病院で受診すると、医者から

 
椎間板のヘルニアが原因で、
         
神経が圧迫されて痛みしびれが出ています とか、

 これは脊柱管狭窄症ですね 
 
        
脊髄(せきずい)の圧迫がしびれの原因ですよ    
                            MRI画像を診て説明する医者の画像

  
などと言われたことはないでしょうか? それはウソです。

  チェックのアイコン 痛みしびれのホントの原因は 筋肉の緊張
にあります。矢印のアイコン


  それはなぜかといいますと、

  チェックのアイコン痛みやしびれを感じる神経や血管は、筋肉の中筋肉と筋肉の間
     通っています。

           筋肉は緊張すると筋線維が収縮し、
      知覚神経や血管を圧しつぶしてしまうことで
     
痛みしびれ出るからです。


  "手術をしたのにしびれが取れない" という話はよく聞くところですが、
 
原因は慢性的な筋肉の緊張にあるためです。


  筋肉の中を通る神経や血管が圧迫されている様子を示した画像


                筋肉と筋肉の間を通る血管や神経が圧迫されている様子を示した画像



  私には、首の2か所に椎間板ヘルニアがあります。
  MRI画像を診ると、きれいに椎間板が飛び出ていますが、
  何の症状もありません。

   
( ※ 下の画像はサンプルです。) 


     頚椎ヘルニアのMRI画像



 
治療家の中には、MRI画像の白く映っている髄液(ずいえき)
  神経と勘違いしている人がよくいらっしゃいます。
  上のMRI画像では、椎間板は突出していますが
  
神経を圧迫するまでには至っていません。

  チェックのアイコン神経が圧迫されず、周囲の筋肉にも緊張がなければ、
     
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄があっても無症状のことは
             よくあるケースです。


  ですから、神経[脊髄(せきずい)]の圧迫による
  脚の麻痺排尿障害性機能障害
  などと違って
  持続する痛みしびれ、あるいは
間欠跛行(かんけつはこう)などのときは
  原因は筋肉の緊張にありますから
 
腰の筋肉を柔らかくすることで症状は無くなります

   
                 腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の筋肉が緊張する部位を示した画像

 

  筋肉が緊張して縮む力が働くために
  血管が圧迫されて血行不良が起こっていますが、
  痛みやしびれのほかに、冷え突っ張りだるいむくみ
 
といった症状なども現れます。

                              指し棒で解説している人の画像

  

治し方


 当院では、腰の筋肉の緊張をとって、痛みやしびれを
 
取り除きます。

 

 

            矢印のアイコン ご予約・お問い合わせは天理市の整体院
                      椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、自律神経失調症で口コミ・評判・人気の天理市の整体
                              0743-65-4664

                                              口コミ・評判・人気の天理市の整体
                                                                                                                                  0743-65-4664

ページ先頭へ

 

 
 
簡単ホームページ作成